沖縄

昨年、某団体で沖縄に行く機会がありました。

少ない自由時間で青の洞窟に行ったのですが・・・
okinawa4

okinawa3
サンゴ礁が素晴らしい!

海岸の洞窟に入ると・・・自然光と海水の透明度の関係ですごい青色の世界が広がります。
okinawa1

これが青の洞窟ですね。
okinawa2

普天間問題・・・いったいどうなるんでしょうか?国と国、政党間の思惑でこんな美しい自然や、地元の文化が痛められるのはなんともつらいもんです。

利権、経済、そんなものに振り回されない確固たる生き方ができないものかと悩みながら、かたやみんなの給料の心配もしていかないといけない立場なんですよね。

少なくとも家づくりだけは納得のいくものに特化できていることに感謝してます。

播磨のくらし“しそう杉の家”のヤマヒロ:三渡

【ブログランキングUPへのご協力お願いします】
ブログランキングバナー←ポチっとOneクリックお願いします!
ブログ村←こちらもOneクリックご協力お願いします!

【お知らせ】
  1.ヤマヒロの家づくりをアップしました
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
  4.芦屋土地情報シーガ芦屋モデルハウス展示場
  5.舞多聞モデル売り出し中!
お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

蜜蜂の巣の盗難?

ハチの巣の盗難騒ぎ?本日の神戸新聞の記事で読みましたが、そんなもん盗んでどうなるの?てなもんですが、実は裏には深い問題がありそうです。

この盗難騒ぎは世界的に蜜蜂が巣ごと病死しているのが原因だそうで、県内でも3件の盗難届が出たとか。なんともはや・・・。

一説によると日本の養蜂のハチは実は西洋蜜蜂が主力なんだそうです。外国から連れてこられたそうですが、元の国では大きな畑の一種類の花から蜜を採取していたそうです。つまり自然界に育ったハチとは違い、何世代にもわたって人間に飼いならされたハチなんですね。当然、環境適応力よりも効率が優先されて飼育されています。

その上、遠い日本まで連れてこられ、まったく違う気候風土の中で巣を作っていくため、巣の中にダニがわいたりカビが生えたり・・・それを防ぐために防腐剤を巣の中に散布しているとかいないとか・・・。ひょっとしたらこれが何世代にもわたって蓄積されて突然の巣ごとの全滅という結果につながったのでは?と、考えてしまいますよね。普通に・・・。

その点、地の日本蜜蜂はもともと自然に生える多種多様な花から蜜を集めていますので免疫力が強くかなり丈夫です。巣に入ってくれさえすれば、あとは手間いらずですし、趣味の範囲ならば結構遊べます。(お客様のT様談)

養蜂の世界でも、やっぱり気候風土に合った地のものがいいってことなんですね。

これって、家づくりの木材の話と似てませんか?

ヤマヒロ:三渡

【ブログランキングUPへのご協力お願いします】
ブログランキングバナー←ポチっとOneクリックお願いします!
ブログ村←こちらもOneクリックご協力お願いします!

【お知らせ】
  1.ヤマヒロの家づくりをアップしました
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
  4.芦屋土地情報シーガ芦屋モデルハウス展示場
  5.舞多聞モデル売り出し中!
お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

丹波のノズル?

神戸新聞で丹波市のノズルメーカーの記事を読みました。

100分の1ミリの霧を噴出させることができるノズルを開発したとか。
なんと、これを使って細かい霧を噴出させて、外気温を調整させる機械が開発されるかもしれないそうで・・・。庭の植樹への水やりにも効果ありかも!

他の使い道では、ガソリンを細かい微粒で噴出することで完全燃焼させることができ効率アップが望めたり、半導体の技術開発に必要な工場内空気の浄化調整に効果的だとか・・・。

なんせ兵庫の小さなメーカーががんばっております。うちもがんばります。

ヤマヒロ:三渡

【ブログランキングUPへのご協力お願いします】
ブログランキングバナー←ポチっとOneクリックお願いします!
ブログ村←こちらもOneクリックご協力お願いします!

【お知らせ】
  1.ヤマヒロの家づくりをアップしました
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
  4.芦屋土地情報シーガ芦屋モデルハウス展示場
  5.舞多聞モデル売り出し中!
お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

CO2-25%削減時の国民負担...

昨年12月の「COP15」でも再確認された我が国の温暖化対策目標は、2050年
までに1990年比25%の温暖化ガスの削減。

この実現に向けた家庭部門での対策は「新車販売の9割をエコカーに」「太陽電池設置
を現状の55倍に」「住宅をすべて断熱化する」「高効率給湯器(エコキュート等)を
現状の63倍の440万台に」などとの試算があります。

また、上表によれば、25%をすべて国内で削減するとなると1世帯当たり最大で年間
76.5万もの負担になるとの試算もあり、いずれにしても各家庭への負担額はかなりな
ものになりそうです。

逆に6割以上の人が1000円未満のコスト負担しか許容できないという世論調査結果
もあり、こうした国民意識と温暖化対策にはまだまだ大きなギャップがあるのも事実。

しかし、少なくともヤマヒロを訪ねて来られるお客様の多くはこの意識が非常に高く、
その意味でも我々が取り組んでいる住宅をもっともっと広めていく意義は大いにあると
感じております。

ちなみに『COP』とは、締約国会議(Conference of Parties)の略。
COPは、国連気候変動枠組条約(UNFCC)を受けて設置された会議で、年に一度、
各国の環境に関わる省庁の大臣が集まり、同条約の成果について話合う会議のこと。

ヤマヒロ:小林

【ブログランキングUPへのご協力お願いします】
ブログランキングバナー←ポチっとOneクリックお願いします!
ブログ村←こちらもOneクリックご協力お願いします!

【お知らせ】
  1.施工実例集をアップしました
  2.イベント情報
  3.芦屋土地情報シーガ芦屋モデルハウス展示場
  4.舞多聞モデル売り出し中!
お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

経済成長よりも自給率UPを

地球環境のことを考えないとまずい。今、地球は沈没前のタイタニック号。沈み始めると一気に海の藻屑に・・・。このまま行くとあと20年で、人類の住める地球環境はだめになる?

先日行われた、NPO法人『地球の会』のサミットの基調講演でそんな話を聞いてきました。NPO法人『ネットワーク地球村』代表の高木善之さんのお話でした。 以下に、この地球村のHPの中にあるレポートを紹介します。戦慄の内容です。

・・・続きはこちら

ヤマヒロ:三渡

【ブログランキングへのご協力お願いします】
 ・・・ 人気blogランキング  ・・・
 ・・・ 住まいブログランキング ・・・
【お知らせ】
  1.芦屋土地情報シーガ芦屋モデルハウス展示場
  2.舞多聞モデル売り出し中!
  3.OMモデル宿泊体験のご案内
お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org