現場を知る

新築をお考えの場合は、敷地を「読む」為に、必ず、現地を訪れて
周りの環境から、隣接地の状況、視線の抜けなど、いろいろと調査を
します。

先日、お邪魔させてもらったお住まいは、築40年くらいの建物が
建っています。

そうなんです。この住まいを活かして、お住まいを『再生』させる
リノベーション工事の現地調査になります。

当然、新築の場合と同じように、その土地の持っているポテンシャルを
導きだし、最高のパフォーマンスを考えますが、再生工事の場合には、
更に建物のポテンシャルも見抜いていきます。

改装だけでも無く、必要、不必要の検討から、構造の組み方を確認して
中長期の目で、最善の判断をします。

この瞬間に、プラン的なひらめきは、結構出てきます。

播磨のくらし“しそう杉の家” の ヤマヒロ : 谷 口


人気ブログランキング
 
     ↑   こちらを『ポチッ!』と、クリックお願いします!

  
【お知らせ】
  1.ホームページTOPへ
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
   ※お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です