日本の家づくりと住まい方vol4

niisuka4
 私は日本人の家は“環境共棲住宅”であり、また、“感性の住宅”でもあったと思います。
 戦争に負け、欧米の文化に席巻されるまでは、日本は世界に冠たる環境大国でした。高温多湿の夏と低温乾燥の冬を併せ持つこの国では、開口部を大きく取って夏の通気をよくしたり、障子と雨戸の二重遮熱と木材による蓄熱作用による冬対策。島国で平和が長く続いたせいもあり、ヨーロッパのような閉じる家作りではなく、外に開き自然をうまく生かした家作り。軒や庇の出も夏至や冬至の太陽の高さから考え出されたもの。自宅内には耕作地があり人糞や残飯などは土に返して作物を作る循環型の生活。自然に逆らわず、自然にうまく溶け込んだ家作り。つまり環境と共棲する家作りです。
また、日本人は“八百万の神”を信じてきました。太陽や海、空や雲、山にも木にも土や石ころにさえ霊感を感じる民族です。そう、日本人は感性の民族なんですね。これは“日本人の暮らしの知恵”として家作りにも大いに活かされてます。例えば“風鈴”。鈴の音を聞いて風の存在を知り聴覚で涼しいと感じる。また、格子戸や障子なども感性の道具です。これらは光をそのまま入れるのでなく“ちょっとした影”を作ります。この“ちょっとした影”は光の存在をより際立たせ、光のありがたさと影の落ち着きを演出してくれるのです。また、極めつけは“借景”という言葉。隣の庭や町並みの景色などを自分の家から見えるように開口部を開け、自分の家の庭の一部のように取り込んでしまうのです。そのことを景色を借りる、つまり“借景”というなんとも粋な言葉で表現しています。まさに言葉の感性全開といった感じがしませんか?

播磨のくらし“しそう杉の家”のヤマヒロ:三渡

【ブログランキングUPへのご協力お願いします】
ブログランキングバナー←ポチっとOneクリックお願いします!
ブログ村←こちらもOneクリックご協力お願いします!

【お知らせ】
  1.ヤマヒロの家づくりをアップしました
  2.施工実例集をアップしました
  3.イベント情報
  4.舞多聞モデル売り出し中!
お問い合わせはコチラinfo@yamahiro.org

“日本の家づくりと住まい方vol4” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です